変性意識

変性意識の諸相 入り方は千差万別

今日の結論

「変性意識の入り方はひとつではないので、皆さんご自身にフィットする入り方を見つけてください」

どうもこんにちは、ゆうき@トランスナビゲーターです。

日に日に寒くなっていきますが、皆様暖かくなさっておられますか。

風邪など召されぬよう、早め早めに対応くださいませね。崩れないように、も大切ですが、危ないと思ったら即休むなり「崩れきらない」ためになにができるかを考えるのもとても大切ですよ。

日頃「気功」と分かりやすいように私の気の伝達をお伝えしていますが、正直に言うと、気でもエネルギーでも、呼び名は正直何でもいいんです。

だって、自己の変性意識から生み出している【純粋な力】な訳ですから。

ものすごく識者の方からは怒られそうな言い方をしていますが、正直なところ、私の感覚では「そう」としか感じないんですよね。

語弊を恐れずに申し上げると、変性意識というものがベースにあり、その変性意識への入り方とその結果が異なるだけで、通過するルートとしては同じではないかと。

 

もちろん!

 

いろんな入り方をされる方はあると思います。

神との対話を目的に、神の言葉を聞こうとする方

自分自身を見つめるため、自分の中にある答えを確かめようとする方

何かの道を究めようとした過程で、偶発的にでも入り、その力を使えるようになった方

気やエネルギーへの目覚めを、誰かのために使いたいと活動されている方

物心ついたときから変性意識に自然と入ることができ、人とは違う何かが見える聞こえることによって、良いことも悪いこともご経験されてきた方

 

誰が正解で誰が間違っているなんて、私には言えません。

その方が「そう」だとおっしゃるのであれば、それは間違いなく「そう」なのです。

 

これはいつかきちんとまとめて書いてみたいところではありますが、人間は自分の見たいものを「選択的に」見ています。これは、脳の仕組みからも解明されつつあります。

 

つまり、人間は、自分の都合のいいように情報を取捨選択して現実を見ている。

ということです。

 

実は、こういう系のブログを読んでいる方が大好きな「引き寄せ」のヒントも、ここにあります。

 

分かりやすくいうなら「見たい現実になるように自分自身が変わっていく」ということなんですけどね。

 

それを現実に体現していく、つまりは、そうなるように自分自身のマインドをセットしていくうえでも、変性意識は強力なツールになりますよ、ということです。

 

ちなみに、私が変性意識の自覚と、自分の意識で出たり入ったりできるようになったのが2017年の2月ごろだったと記憶しておりますが、その頃から意識的に、

 

「こういうのは変性意識とどういうつながりがあるんだろうか。」

 

なんてことを見ちゃうわけですね。完全に自分の意識の中の「検索キーワード」として刷り込まれているわけです。

 

引き寄せの話はもっともっと深堀りをしていきたいですし、単なる雑記で終わらせたくないので、しっかりとインプットし、もっと体感したうえでブログに書かせてください。

 

ちなみに、まだ紹介しきれていませんが、先に紹介した催眠や気功のほか

 

呼吸法(全ての基本でもあり、ある意味奥義)

ヨガ

マインドフルネス

瞑想

スピリチュアル

音楽

(特に変性意識系の音声で2トップと思われるのがインサイトとヘミシンクですね。)

あるいは、過集中による変性意識状態の誘発

 

様々な入り口が考えられます。

不謹慎かもしれませんが、私、お経でも入りますよ。

均一なリズムで繰り返し繰り返し唱えられる「お経」

 

それを聞いて、思わず寝ちゃうって方いると思うんです。

 

あれ、人によっては、変性意識が誘発されて深化して落ちちゃってる方いるんなじゃないかな、、、。眠いだけかな苦笑

 

以前のブログでも書きました。人は、知らないうちに変性意識に入っていますよ、と。

 

つまり、多種多様な入り口でもって、我々の意識は顕在意識メインにしつつも、気が付かないところで変性意識が表出していますよ、ということなんですね。

 

ここで私が思う大切なこと

 

「無意識でやっていることこそ、意識的になってみる」

 

無意識的、ということは、つまりご自身の習慣となっているこということを意味します。

 

その習慣こそが、ご自身を変えるための大切なカギだったりするわけです。

 

で、そのカギを見つけるためには、結局のところ自分自身と対話する以外にない。

その対話のためのツールの一つが、変性意識ではないかと私は考えています。

 

もちろん、いろんなワークがありますよ。

 

書きだすとか、人と話すとか。

 

ほとんどの方は、それをやらないまま、というか実際のところなにもせずに、

 

「どうせ私にはできっこない」なんて言葉をよく聞きます。

 

その「どうせ」って言葉、本当にくせ者です。

「どうせ」という言葉が「やっぱり」という言葉に早変わりします。

 

失敗を恐れるあまり、失敗しても自分がしんどくならないように予防線を張っているわけです。失敗してもいいよと言われているにも関わらず。

 

こういった、言葉の話も、ゆくゆく記事にしていきたいと考えています。

 

雑記と言いながらかなりとっ散らかった内容になってしまいました。

 

結構自動筆記モードに任せると、ブレインストーミングみたいになって面白いですね笑

ブログで記事の洗い出しをするなとメンターから怒られそうではありますが笑

 

これから冷え込みも厳しくなってまいります。どうぞお健やかに。

 

ゆうき 拝

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
2020年、念願だった歌い手として活動を開始しました。 このブログでは、歌い手としての活動の記録や制作秘話、機材の話や日々思ったことなどを綴っていけたらと思っております。 ニコニコ動画、Youtube、Twitterともども、本ブログをよろしくお願いいたします。
ゆうきの歌ってみたまとめ
歌うブロガーゆうきの歌ってみたまとめ
これまで歌ったものをまとめました。
最新の投稿