変性意識

変性意識の初めての体験~ 私の場合

いつも当ブログをお読みいただいてありがとうございます。
ゆうき(トランスナビゲーター)です。

以前のブログでは、私がどのように変性意識に入っているかについて記述させていただきましたが、今回は、

はじめて変性意識(トランス)に入ったときのことを書いてみようと思います。

ちょっと、苦い思い出なのですが、よろしければお付き合いください。

以前私は、通話を主体として、主に女性を対象としたお悩み相談を行っていた時期があります。

(もちろん、カウンセラーの資格も有しておりませんし、ふんふんと聞くだけだったんですけどね。)

もともと、言語誘導による催眠誘導的なことはできていたし、そこにトランスという要素があることも知ってはいました。

しかし、他者へのトランス誘導はできても、自分にはできなかったんです。

つまりその時点で私は、セルフトランス、つまり自分自身で変性意識に入ることができませんでした。

そんなとき、ある事件が起こります。

なんと私がクライアントさんに逆転移起こしかけたんです。

転移というのは、心理学用語で、カウンセリングなどで話しているクライアントが、カウンセラーに対して必要以上に感情移入することを言います。

転移には2つの要素があり、

1 陽性転移(要は好きになっちゃうってことです。)

2 陰性転移(逆に、カウンセラーに対して嫌悪や憎悪を抱くことです。)

の2つに大別されますが、もうひとつ

3 逆転移(カウンセラー側がクライアントに対して上記の転移を起こすこと)

があるんです。

そして、距離感を間違えた私は、見事にクライアントさんに対して陽性逆転移を起こしたんです。

話していくうちに、親近感が好意に変わっていくのです。

悩みました。

これは絶対によくないと。

どこかで断ち切らねば、私にとってもクライアントさんにとってもよい結果は生まないだろうことは想像に難くありませんでしたから。

そして、その打開策を考えました。

他者に対するトランス誘導が可能であるならば、自身に対するトランス誘導もまた可能なのではないか。

セルフトランスに入ることで自らの潜在意識へアクセスし、自己の意識からクライアントさんへの逆転移を消せるのではないか、と考えた訳です。

(また安直な手段を、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、そのときはなんとかしようと必死でした。)

それからしばらくの間、私はセルフトランスに入るためのアンカリングを自らに施します。

意を決して望んだクライアントさんとのお話の日

私はクライアントさんにこう告げます。

「僕はおそらく、あなたに陽性転移を起こしていると思う。このままではいけないので、僕もトランスに入ってその気持ちを絶ちきろうと思う」と。

クライアントさんは、少し悩まれてから「わかりました」と答えてくださいました。

まずは、クライアントさんをトランス状態に誘導し

(私はその時点で自分がすでにトランス状態に入れていることを自覚できなかったのです。変性意識の第一法則に確信を持つ前の話です。)

自らを入れるトリガーとして、カウントダウンをします。

「3、2、1、ほら、入れ」と。

この状態で、

「私がカウントダウンして、はい、おしまいといったら、私のあなたに対する気持ちはすべてなくなります。あなたにとっても同様です。」

と事前にアンカリングを施し、

5、

4、

3、

(カウントが進むにつれ、私は、なぜか涙が溢れました。)

2、

1、

はい、おしまい。

寂しいような、でもそれでいてスッキリもしたような

それがセルフトランスの始まりでした。

残念な言い方ですが、私のセルフトランスの導入は、「自分自身の感情を消すために、必要に迫られて」行ったものです。

今でこそ、どなたとお話しても逆転移起こすようなことはないですし、自己処理もできるので全く問題はないですが、そんな情けない始まりだったんです。

それからしばらくというもの、自分自身でセルフトランスに入るトレーニングを積んでいましたが、

最初の頃は30分もすると、

酔う

んです。トランス状態に入っていられないの。

目が回って、目の焦点が定まらなくなって、フラフラして、とにかく疲労感がすごいんです。

その代わり、簡単な眠気飛ばしとか、一時的な疲労回復とかに使っていましたよ。

さらに力を開花させるのは、もう少し先の話です。

それはまた次の機会にでもお話できればと思います。

今日は結構シリアスな話になってしまいましたが、お読みいただいた皆様、本当にありがとうございます。

皆様のご健康とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

ゆうき 拝

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
2020年、念願だった歌い手として活動を開始しました。 このブログでは、歌い手としての活動の記録や制作秘話、機材の話や日々思ったことなどを綴っていけたらと思っております。 ニコニコ動画、Youtube、Twitterともども、本ブログをよろしくお願いいたします。
ゆうきの歌ってみたまとめ
歌うブロガーゆうきの歌ってみたまとめ
これまで歌ったものをまとめました。
最新の投稿