変性意識

読書ノート 苫米地英人『自分のリミッターをはずす〜完全版変性意識入門』

いつも本ブログをご愛読いただきまして、
ありがとうございます。
ゆうき(トランスナビゲーター)です。 

自分の体感もさることながら

「分かりやすい変性意識に関する本はないのか」というお声が聞こえてきそうですので、私が今まで読んできた中でこれは!と思われるものをご紹介しつつ、私も同時に復習してみたいと思います。

現代の実用的な変性意識関係の書籍の中で最も分かりやすいのは、今のところ苫米地英人氏をおいて他にはいないのではないでしょうか。

そのなかでも群を抜いて良著だと私が勝手に思っているのが、

苫米地英人『自分のリミッターをはずす!〜完全版変性意識入門』ビジネス社、2017年

です。

他の方でも、比較的分かりやすい方はいらっしゃいますが、苫米地氏はロジックがきわめて分かりやすい。

ただ、もう変性意識に入れることを割と前提に書いている節はあるので、変性意識への入り方の記述があるとはいえ、ちょっと不親切なところがないではないです。

ページ数の都合上、そこまでこってりやりたいなら俺のセミナーに来い、という苫米地さんのお声が聞こえてきそうです笑

ああ、5ページの最初に書いてありますね。

ただし、先にお断りしておきますが、これを読んだからといってすぐに催眠術が、気功が、古武術が使えるようになるかというと、なかなか難しいでしょう。

ここからも分かるとおり、本をただ通読しただけでは、変性意識状態ってこういうことなんだ!という「体感」と「確信」までは至らないかもしれません。

しかし、そんな高い本でもないですし、変性意識の理解を深めるのであれば、私は必読の書だと思っています。

変性意識の「からくり」

そして変性意識を使えることによって可能になる「内部表現の書き換え」

内部表現の書き換えという言葉がピンとこない方もいらっしゃるでしょうから、少し補足を入れておきます。

内部表現とは、無意識、意識を問わず、また抽象度も問わない、脳内の情報の処理活動のことで、記憶情報や本人が認識している外部世界と呼ばれる情報も内包されています。前掲書184ページ

この内部表現の書き換えを「自分自身で行うことができるようになること」こそ、苫米地氏がこの本で言わんとしていることかもしれません。

もともとオウム真理教の信者の脱洗脳にも携わり、現代社会が洗脳に満ちていると感じているからこそ、ご自身で洗脳というまやかしを打ち破って欲しいとの思いが、随所に散りばめられています。

私は、さすがにそこまで過激なことは言えませんが、変性意識に入れることによって得られる効用が大きいと思っている人間の一人です。

変性意識入門に出会ったのが2017年の11月、それから1年近くになりますが、理論的な面はともかく実用的に変性意識を使おうとする向きであれば、氏の主張に賛同するしないにかかわらず、一読の価値はあると思います。

この本は、

①催眠

②気功

③古武術

の観点から、変性意識について説明がなされていますが、その端々に、

「誰あろう自分自身が変性意識に入っている」

であったり、

催眠や気功には「確信」が必要

といった記述がふんだんにありますが、催眠や気を感動とともに「確信」し、思いのままに操るための「論理とイメージ力」を養うことが必要なのだと改めて気づかせてくれます。

また、苫米地氏だけでなく、その道のプロが説明しているというのもいいですね。(ただし、ここに記述している皆さんは苫米地氏とは旧知の中である、という客観的な視点を持った上で読みましょうね)

さらに、この本の全編で記述されていますが、

人は変性意識を誰かに入れようとしたときは、入れようとしている当人もまた変性意識に入っているのであり、最終的には自分自身で入っていることにほかならないのだ

という明確な語り口は、本当に読んでいて非常に爽快でした。私もそう思っていましたからね。

通常、専門書ではそこまでの言及は避けたがるものですが、本書では「そうだ」と言い切っています。体感している人間からすると、うんうんとうなづく以外ないんです。それくらい、論理が明解で、説得力があります。

消費税が上がって少しだけ値上がりしましたが、それでも、1500円そこそこ

正直、下手なセミナー行ってうんうん悩むくらいなら、この本をお読みになり、Twitterでもどこでも、実際自分で体感させてくださる方のところで食らってみるのが確実に早いです。(もちろん、私も含めてです笑)

これからのブログにも、この本からの引用やヒントがあちこちに出てくることになるかと思いますので、立ち読みでも是非お手に取って確かめてみてください。

ゆうき 拝

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
2020年、念願だった歌い手として活動を開始しました。 このブログでは、歌い手としての活動の記録や制作秘話、機材の話や日々思ったことなどを綴っていけたらと思っております。 ニコニコ動画、Youtube、Twitterともども、本ブログをよろしくお願いいたします。
ゆうきの歌ってみたまとめ
歌うブロガーゆうきの歌ってみたまとめ
これまで歌ったものをまとめました。
最新の投稿