nana

音楽コラボアプリnanaで重ね録りをする方法

第5回重ね録りをする方法

この回を読むと、、、
nana
での重ね録りの仕組みが分かります。

音楽コラボアプリnanaについて、集中的に連載をしておりますが、皆様のお役に立てば幸いです。

nanaを含め、機材ってどうしたら良いですかなどといった質問もお気軽にTwitterのDMまたはリプライ等でご連絡頂ければと思います。

さて、前回までに、

  • nanaの基本的な使い方
  • マイク音質の上げ方
  • エフェクトの種類
  • プレミアム機能の解説

について実使用者として説明させていただきました。

そこでお問い合わせを頂いたのが、

「音を重ねるってどういうことですか?」というご質問

たまたま直近で重ね録りをする機会がありましたので、画像を掲載しながらご紹介したいと思います。

第1回音楽コラボアプリ「nana」 の超基本的な使い方_ゆうきの忘備録
音楽コラボアプリ「nana」 の超基本的な使い方SNSユーザーを中心に、大きな広がりを見せている音楽投稿アプリnana。どんなアプリなの?を、使ったことのない方にも分かるように解説します。...
第2回音楽コラボアプリで、超簡単に歌の音質を上げる方法
音楽コラボアプリ nana で、超簡単に歌の音質を上げる方法イヤホンマイクで録音しているそこのあなた!!あることを行うだけで、nanaの音質は飛躍的に向上します。音声配信者さんにもきっとお役に立ちますよ。...
第3回音楽コラボアプリ nana のエフェクト機能をざっくり解説!
音楽コラボアプリ nana のエフェクト機能をざっくり解説!中高生に人気の音楽制作アプリ【nana】に実装されているエフェクト機能について解説します。...
第4回【僕が使ってみた】nanaプレミアムの機能を厳選紹介!
【僕が使ってみた】nanaプレミアムの機能を厳選紹介!高校生や若者を中心に人気の音楽コラボアプリ「nana」その中でも、有料会員だけが使える機能を厳選してご紹介します。...

音を重ねるってどういうこと?

通常、音を重ねるという言葉を使うときには、

ボーカルにコーラスを重ねる、というのが一番分かりやすいと思いますが、

nanaの場合はもっとシンプルです。

90秒のコラボ元音源に、今回の録音を上書きする、と考えてもらえれば良いです。

つまり、元のオフボーカル(ボーカルが入っていない、いわゆるカラオケ音源)に、

  •  ボーカル
  •  コーラス(合いの手のような別録りも含みます。)

のある楽曲を作ろうと思った場合、

  1. 元のオフボーカル音源とコラボして、ボーカル入り音源を作成する
  2. 先程録音した①の音源にさらにコラボして、コーラスや別のパートを当てる

というやり方となります。

さらに、Aメロ、Aサビ、コーラス、合いの手など複数入れようと思えば、②の作業をひたすら繰り返していく訳ですね。

nanaは、ここが非常にシンプルにできているからこそ、初心者の方でも比較的簡単に重ね録りすることができるんです。

逆をいうと、もっとサウンドを作り込みたいだったり、クオリティを上げたいといった欲求に応えるには限界があるということをご理解ください。

nanaでの画面はこうなります。

さ、論より実践、早速画面を見ながら始めていきましょう。

ちょっと残念なことに、無料会員様はシークレット投稿ができないのでちょっと不便かもしれません。

前回記事でご紹介したとおり、収録したパートとパートがそのまま他の方に見えてしまう状態となるからです。

そこで活用するのが、シークレット機能なわけですが、有料のプレミアム会員が対象となります。その点、ご注意くださいね。

それでは、いつもの画面へと飛びましょう。

nanaを立ち上げてみてください。
録音から、曲を検索、と

検索画面は割愛します。

どれでも良いですが、僕はたまたまハチ(米津玄師さんがボカロPとして活動していたころ)名義で作られた「パンダヒーロー」という曲をフォロワーさんからリクエストされておりましたので、パンダーヒーローで検索、と

出てきた音源で、この音源とコラボしてみたいと思うものを選択して、早速ボーカルを録りましょう。

このとき大事なのは、

録音する時点で、どこのパートを分けるのかをきっちりしておく
(つまり、どこを歌うのかを、歌い出す前から明確にしておく)

ということです。

フル音源を収録するようなソフトを使えば、何度でもやり直しができますが、

nanaはそう言ったやり直しができません。録ったら録ったきりになってしまいます。

なので、歌い始める前に、今回の収録パートはどこ?ということを決めておく必要があるんですね。(最悪フル音源ソフトなら余計なところを切ることができますからね。)

今回僕が収録したパンダヒーローは、

  1. ボーカル
  2. サビの「パッパッパー パッパパラパー」という合いの手

この2つを録音しますので、まずは②の合いの手が入っていないボーカルを収録します。

僕が一番好きな、Echo(studio)をうすーくかけて完成

完成したものは、シークレット機能を使って、他の方に見えないようにアップロードします。無料会員の方は、これが外に丸見えになるので注意!!

次に、ボーカルだけ録ってシークレット投稿した音源にコラボします。

で、まるまる90秒聴くのは面倒なので、数秒前まで聞いてから、任意の録音開始設定機能を利用して、時間のロスを防ぎます。無料会員の方は、面倒ですがずっと聴き続けることになります汗

パッパッパー パッパラッパー

を4回歌うだけなんですけど、元のボーカル音源を壊してしまわないように音程とか拍の頭をそろえるとか、気をつけることは沢山あります。

で、ここは合いの手であることを強調したいので、別のエフェクトで味付けしました。

で、元の音源と合いの手がバランスよく聴こえるように最終調整して、コメント書いてアップします。

で、出来上がった音源がこちら。

https://nana-music.com/sounds/05618e06

nana_重ね録り方法

僕のアイコンが二つあるの、分かりますか(キャプションはいじりました)。

これはつまり、2回録音していますよ、ということを示しています。たくさんアイコンが並んでいるような楽曲は、それだけ重ねましたよ、ということなんです(その労力たるや。。。正直そこまでやるならPCやタブレットで編集した方が楽、、、)

参考に、シークレット投稿を使用した場合、このような見え方になります。

場合によっては、メロディとサビを分けて録るのも作戦

例えば、女性が男性ボーカルのキーで歌いたい場合など、まともに歌ったら高すぎる、または低すぎるなんてことはままあることです。(逆も然り)

そんな場合は、割り切ってメロディとサビを分け、メロディは本域で、サビは1オクターブ下げて歌うというのも手です。

このように、分けて収録することによって、曲全体のバランスやクオリティ向上につながることもあります。

今回ご紹介した重ね録り機能なんかをフルに使って、満足のいく楽曲を一つでも上げていきたいですね!!

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
2020年、念願だった歌い手として活動を開始しました。 このブログでは、歌い手としての活動の記録や制作秘話、機材の話や日々思ったことなどを綴っていけたらと思っております。 ニコニコ動画、Youtube、Twitterともども、本ブログをよろしくお願いいたします。
ゆうきの歌ってみたまとめ
歌うブロガーゆうきの歌ってみたまとめ

これまで歌ったものをまとめました。

最新の投稿