雑記録

【読書ノート】小林正観『ありがとうの魔法』

ありがとうは魔法の言葉
いつもお読みいただいてありがとうございます。
ゆうき(トランスナビゲーター)です。

ありがとう、という言葉、皆さんどれくらいの頻度で使っていらっしゃるでしょうか。

私は、多分一般的に見たら多い方かもしれません。

私が「心の師匠」と慕ってやまない、小林正観(せいかん)さんのお話と、私が一番最初に出会った正観さんの本をご紹介したいと思います。

まず、小林正観さんとは、どのような方なのでしょう。

公式ホームページより引用します。

■ 小林正観さんプロフィール
1948年東京深川生まれ。
心学研究家。コンセプター。作詞家&歌手。
デザイナー(SKPブランドオーナー)。
潜在能力研究家でもあり、学生時代より人間の潜在能力やESP現象・超常現象に興味を持ち、旅行作家のかたわら研究を続ける。

旅の宿では頼まれ事で、宿泊客の「人相手相」をみて人生相談を受けることもあり、正観さんが来るという情報が流れるとたくさんの人が集まり行列ができた。

そうしているうちに友人、知人からの講演依頼が増え、年に300回以上、講演の予約は2年先まで一杯になり、全国各地を回る生活を続けていくことになった。 その活動の中には、兵庫県宍粟市にある保養所「光楽園」、群馬県赤城の「赤城正観荘」、静岡県伊東の「伊豆正観荘」での合宿、京都市や名古屋市での茶話会や、国内ツアー・海外旅行などで、多くの方と楽しく交流をしていた。

人に「うれしい・たのしい・しあわせ」と喜ばれる存在になろうと唱え(宗教者ではない)、正観さん自身も日々実践をしていた。

コンセプター(基本概念提案者)としても 「ものづくり」・「人づくり」・「宿づくり」・「町づくり」 などに関わっていた。

2011年10月12日逝去

著書に『22世紀への伝言』(廣済堂出版)・『日々の暮らしを楽にする』(学習研究社)・『ありがとうのすごい秘密』(KADOKAWA中経出版)・『ありがとうの神様』(ダイヤモンド社)・『 「そ・わ・か」の法則』(サンマーク出版)『楽しく上手にお金とつきあう』(大和書房)など、多数。

プロフィールだけからすると、とっても怪しげに思われますが、正観さんの文体というか筆致がとても柔らかいんですね。

2011年には他界されておられますので、私が初めて手に取ったのは、他界されてから実に7年近く経とうかという2018年初頭でした。

それが、今回ご紹介する『ありがとうの魔法』です。

この本は、小林正観さんの本(それこそ膨大に出ています。)からの再編集版となっていますので、ほかの書籍を読まれると似たようなことが書いてあるかもしれません。

基本的な考え方として、

〇「ありがとう」は神様が大好きな言葉であり、
〇「ありがとう」を何度も何度も口にすることで感謝の敷居が下がり、「ありがとう」と言いたくなる現象が次々起こる
〇「ありがとう」を何万回と口にすることによって、不思議な体験が起こる
(個人的に、ここが変性意識と密接な関係があると思っています。)
〇そして、神様は、いくつも試練を課してくる。こんなつらい状況でも、「ありがとう」と口に出して言えるかどうか。
〇人生の目的は「喜ばれる存在になる」=「頼まれごとをする」
(とても大切ですが、自分が満ちていることが大前提)
〇「不平・不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」は「ありがとう」で貯めたポイントが減ってしまうので、極力口にしない。
〇余談として、トイレ掃除をすると、お金がたくさん入ってくる。

ということでしょうか。

ちょっと引用しますね。

「思いを持たず」、よき仲間からの「頼まれごと」を淡々とやって、どんな問題が起こっても、すべてに「ありがとう」と感謝する(受け入れる)こと。

「そ・わ・かの法則(掃除・笑い・感謝」を生活の中で実践することであり、「ありがとう」を口に出して言い、逆に「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」を言わないこと。

すると、神様が味方をしてくれて、すべての問題も出来事も、幸せに感じて「よき仲間に囲まれる」ことになり、「喜ばれる」存在になる。

これこそが、「人生の目的」であり、「幸せの本質」なのです。
(小林正観『ありがとうの魔法』ダイヤモンド社、2017年、はじめにp030)

これを、ありがとうの魔法では、

第1章 「お金」が味方になる習慣
第2章 全部を受け入れる
第3章 「ありがとう」は魔法の言葉
第4章 「人間関係」に恵まれる
第5章 「病気」にならない人の習慣
第6章 「喜ばれる存在」
第7章 子供を伸ばす子育て
第8章 悪口・戦う・否定をしない
第9章 「神様」が味方をする瞬間

という章立てで時折相談者さんのエピソードを交えながら、ありがとうと言えば、穏やかに、お金に困ることも少なくなり人間関係にも恵まれますよ、と正観さんは書き綴っています。

文体がとても優しく、穏やかで、すっと読める文章です。

ときどき眉唾ものに聞こえてくる、ありがとうを何万回も唱えると不思議なことが起こった、とか、どうも神様は~らしい、などといったものを、丸まる受け入れる必要はないと思いますが、今少ししんどい思いをしていらっしゃる方には、息抜きがてら読んで見られたら良いのではないかと思います。

そして大切なことは、私も常々言っていますが、
「感謝の敷居を下げること」
これに尽きると思います。

当たり前のことは、決して当たり前ではないのです。
だって、有り難いんですもの。

そうやって、自分が生活している周りを見渡してみると、とてもそれがありがたいものに思えてきて、どんなささいなことでも「嬉しいなぁ、有難いなぁ」と思えるようになります。
(つまり、そういう風に自分の見方を変えていった、ということですね。)

人は、自分が見たいと思った情報しか脳に入力しません。(脳の、網様体賦活系(RAS)という組織と、スコトーマと呼ばれる心理的盲点が作り上げている選択的な情報収集の結果です。)

ということは、自分が見たいように、意識してその情報の選択を変えてやることもまた、理論上可能ですし、私もそれが少しずつ変わってきています。

小林正観さんほどではないにせよ、少しでも日々の暮らしが息のしやすい毎日になるように、私は変性意識、ないしは気功といったエネルギーワークを通じて、皆さんに喜んでもらえるような何かを提供していきたいと思っています。

いよいよこちらも雪マークが目立つ季節となり、お坊さんがせわしなく走り回る月となりました。インフルやらいろんなものが流行しだすこの季節、なにとぞ皆様、お健やかにお過ごしくださいませ。

ゆうき 拝

P.S.正観さんは、トイレ掃除をすると金運が上がると常々言われており、私もトイレ掃除をやり始めて早々、友人の結婚式2次会でのビンゴゲームで1万円当たったことがありましたよ。それからというもの、せっせとトイレ掃除にいそしんでいます笑

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
2020年、念願だった歌い手として活動を開始しました。 このブログでは、歌い手としての活動の記録や制作秘話、機材の話や日々思ったことなどを綴っていけたらと思っております。 ニコニコ動画、Youtube、Twitterともども、本ブログをよろしくお願いいたします。
ゆうきの歌ってみたまとめ
歌うブロガーゆうきの歌ってみたまとめ
これまで歌ったものをまとめました。
最新の投稿